「粉末茶 芽茶」できました

茶カテキンは、健康に良い成分として昔から知られています。
さらに最近、テレビで様々な情報番組が特集を組んだり、茶カテキンの体に及ぼす良い影響に関する情報がさらに浸透してきています。

そして、茶カテキンの効果を最大限に引き出すための摂取方法として、「粉末茶」も注目を集めています。

「八百津茶きよら」でも、今年度ブランド名を設定したのと同時に一番茶を使用した「粉末茶」の製造を開始しました。
まだ試験的な販売ではありますが、町内、外のイベントなどでも販売を経て、

ありがたいことに皆様にご好評をいただいている状態です。

 

そこで、さらに香りも強く、
味の濃さから他のお茶とのブレンドにも使用できる「芽茶」の粉末茶の試作もさせていただきました。

煎茶を作る際に出た芽や葉の先端を集めた茶お茶の葉をそのまま粉にしています。
高級茶の原料となる一番茶または二番茶から選別するため、お茶の旨みを多く含んでいます。
味の濃さや渋みの強さが特徴です。

先日のイベントでの販売では、お客様に「通常」の粉末茶と「芽茶」の粉末茶の飲み比べ試飲をしていただいたところ、
香りの良さを感じられる方が多くいらっしゃいました。

お好みも様々だと思いますが、味にも、用途としても差別化ができる粉末茶として「粉末茶 [芽茶]」も是非お試しください。